「CockTail(カクテル)」という言葉が初めて登場したのは、ロンドンで1948年に出版された「ザ・スクァイア/レシピーズ」という小冊子だと言われています。

カクテルの語源にはいろいろな説がありますが、有力なのは次の3つの説だそうです。

 

1.メキシコのユカタン半島の町「カンペチュ」にある酒場での出来事です。

バーテンダーの少年は、雄鳥の尻尾に似た形をした木の枝で、ミクスト・ドリンクを作っていたそうです。

あるイギリス人がそれを見て、「それは何ですか?」と聞きましたが、少年は言葉がわからず、勘違いして「コーラ・デ・カジョ」と枝の呼び方を答えました。

そして、これを英語にそのまま訳した「Tail of Cock」が、「CockTail」に変化したそうです。

 

2.アメリカ独立戦争のさなか、ニューヨーク市北にあるイギリス植民地のバーでの出来事です。

女主人は、反独立派の大地主が住む邸宅から雄鳥を盗み、それでローストチキンを作って、独立軍の兵士に与えました。

その時、ミクストした酒の入っていたビンに、雄鳥の尻尾を差していました。

独立軍の兵士は、それを見て、その雄鳥の正体がわかり、「カクテルばんざい」と叫んだことから、ミクストした酒のことを「カクテル」と呼ばれるようになったそうです。

 

3.ニューオーリンズでオープンした薬局の看板商品は、ラムベースの病人用の卵酒でした。

そして、フランス人は、その飲み物を「コクチェ」と呼ぶようになりました。

その後、病人だけでなく、一般の人のファンも増えていき、混ぜ物をしたコクチェのような飲み物を「コクテール」と呼ぶようになったそうです。